キスマイ玉森、グループの下積み時代を語る「悔しくて悔しくて…」

5月19日放送、日本テレビ系『おしゃれイズム』に出演したKis-My-Ft2玉森裕太が、デビュー前の下積み時代について語った。



番組ではゲストとして玉森が登場すると、所属グループを説明するVTRが流れ、その中でKis-My-Ft2は“デビューまでに6年を費やした、ジャニーズで最も苦労したグループと言われている”という紹介がされた。



MCを務めるくりぃむしちゅー上田晋也から「なんでそのキスマイは時間かかったの?」と質問されると玉森は「いや、ちょっと見た目も汚らしかったのもあったんじゃないですか」と、苦笑いで答えてスタジオの笑いを誘った。



玉森は「ほんとにみんな金髪にしてメッシュとか、すごいなんかエクステ付けてたりとか、ちょっと正統派じゃなかったので、多分そういうのも要因だったのかなとは」と振り返ると「でも、“そろそろデビュー出来るかも”みたいなタイミングがあって、大体バレーボールのタイミングでデビューしてたじゃないですか」と、4年ごとに開催されるワールドカップバレーボールのタイミングでのデビューに、当時期待を寄せていたことを切り出した。



「“そろそろ来ただろ”って思って、携帯で自分たちでジャニーズのサイトを見てたら『Hey! Say! JUMP』って書いてあって。(Hey! Say! JUMPは)僕らより後輩なんですよ!」と、実際にデビューしたのは自身らの後輩であったと明かすと「(発表をKis-My-Ft2のメンバーと見た瞬間)すごく嫌な空気が流れたんですよ…。なんて言うんですかね、地獄の時間…」と、当時の複雑な様子を回想した。



それを受けた上田から「やっぱり相当ヘコんだん?」と聞かれると「はい、ヘコみました」と玉森は頷いて答えた。



しかしその後、“Hey! Say! JUMPのデビューコンサートでバックダンサーをした”というエピソードを語ると「でもそのタイミングが僕にとってはすごく…なんだろう、ターニングポイントに近くて。悔しくて悔しくてしょうがなくて“ぜってえデビューしてやろう”って逆に」と語り、後輩に追い抜かれたことがその後のモチベーションに繋がったことを明かした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 玉森裕太 映画
  2. 玉森裕太 舞台
イータレントバンクの記事をもっと見る 2019年5月20日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「玉森裕太 + 映画」のおすすめ記事

「玉森裕太 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「玉森裕太 + 舞台」のおすすめ記事

「玉森裕太 + 舞台」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「有村架純」のニュース

次に読みたい関連記事「有村架純」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。