日産自動車、自動運転に欠かせない緊急回避・運転支援技術「Ground truth perception技術」を公開
拡大する(全1枚)

 日産自動車は、現在開発中のクルマの緊急回避性能の飛躍的な向上につながる運転支援技術、「グラウンド・トゥルース・パーセプション(Ground truth perception)技術」を発表。同時に、この新技術システムを搭載した試作車が自動で緊急回避操作を行なうデモンストレーションを公開した。


 日産の研究開発を担当する専務執行役員の浅見孝雄氏によると、「日産はこれまで、数多くの先進運転支援技術を世界に先駆けて市場投入してきました。私たちは将来の自動運転を見据えたとき、最も重要なことはクルマの安全性に関して高い安心感をお客さまが持てることであると考えています。現在、開発を進めているグラウンド・トゥルース・パーセプション技術は、走行中に起こりうるさまざまな状況において、緊急回避操作を自動化することを可能とし、クルマの安全性能を向上させます。本技術は、将来の自動運転の実現に大きく貢献するものと自信を持っています」と語っている。


 具体的に日産は長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」において、高性能な次世代LiDAR(ライダー)技術を活用し、事故の低減に大きく貢献する車両制御技術の開発に取り組んでいる。同社は、将来の自動運転の時代において、ユーザーが安心してクルマを使うためには、世の中で起こる多次元に複雑な事故を回避する運転支援技術が必須であるとしている。


 今回、日産が開発したグラウンド・トゥルース・パーセプション技術は、物体の形状や距離などを高精度で認識できる次世代高性能LiDAR(ライダー)とカメラ、およびレーダーからの情報を組み合わせ、周囲の空間と物体の形状を正確に捉え、その変化をリアルタイムで把握する技術だ。