日本の音楽業界がコンテンツ配信化の流れに躊躇する理由

日本の音楽業界がコンテンツ配信化の流れに躊躇する理由

 昨年の暮れ、一年の日本の音楽シーンを象徴するレコード大賞には2年連続で人気アイドルグループの「AKB48」が輝いた。大賞の発表に際し、審査委員長を務めた日本作曲家協会会長の服部克久氏が発言した「これが日本の音楽業界の現状です」と問題提起とも受け取れるコメントが話題となったが、CD不況の時代に一年間で発売した5作をすべてミリオンヒットさせたその功績は認めざるを得ないといったところではないだろうか。


 確かにオリコン<4800>が発表した2012年のシングルCDセールス年間チャートをみてみると、ベスト10に名を連ねるのは、AKB48関連グループとジャニーズ事務所所属のいまや国民的と呼ばれる存在となった「嵐」のみと異例とも呼べる状況だ。特にAKB48は、2年連続で年間ランキングのベスト5を独占しており、2011年からは10作連続初週ミリオンを達成するなどCD不況の時代に考えられないセールス記録をたたき出しているのだ。一部CDの販売方法を巡って批判の声もあるが、結果を残しているところをみると、21世紀に入って元気がなかった日本音楽業界においてまさに救世主のような存在になっていると言える。


 さらに、オリコンの「2012年年間音楽ソフトマーケットレポート」によると、CDなどのパッケージ商品によるシングルやアルバムに、音楽DVD、音楽Blu-rayDiscを加え総合計した音楽ソフト市場の2012年の年間総売上額は3,270.3億円となり、対前年比は104.1%で、2006年以来6年ぶりに前年比増となっている。総売上枚数で見ても1億2053.4万枚、前年比101.4%と前年に比べわずかではあるが増加に転じており、枚数での前年比アップは調査を開始した2004年以来初めてだという。ここでもジャニーズ関連やAKB関連を初めてとするアイドルグループの人気が大きく貢献したことが読み取れる結果となった。中でもAKB48をはじめとする人気アイドルの音楽コンテンツを多く手がける老舗レコード会社のキングレコードは、音楽市場全体が縮小する中で過去最高となる記録的な数字をたたき出すなど、破竹の勢いで成長している。

...続きを読む

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2013年3月11日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。