どうして私たちは悲しい音楽を聴くのだろうか?

 仕事が一段落すると筆者はまずコーヒーをいれながら、自分の音楽ファイルからその日の気分に合わせたBGMをチョイスする。基本的にはクラシックかジャズ、時にはロックなど選ぶ。マーラーの交響曲第5番の第4楽章が好きでよく聴く。これは静かな単調の悲しげな曲である。しかし筆者はなにも悲しくなりたくてこの曲を選んでいるわけではない。物思いに耽りたいときに聴くことが多い。


 理化学研究所と東京藝術大学は、悲しい音楽は悲しみだけでなくロマンチックな感情をも聴き手にもたらし、その作用が音楽家経験の有無に関係なく引き起こされることを実証したと発表した。これは、「聴いた音楽を悲しい音楽と判断すること」と「音楽を聴いて実際に悲しみを体験すること」が別であることを示していて、「なぜ私たちが悲しい音楽をあえて聴くのか」について考える重要な手がかりになるとしている。


 悲しい音楽や悲劇は、鑑賞者に悲しみをもたらすと考えられていて、一般に感情研究の分野では、悲しみは不快な感情であると分類されている。これを前提とすると、「なぜ私たちは不快な感情をもたらす作品をあえて鑑賞するのか」という疑問が生じてくる。そこで研究グループは、既存曲の一部を抜粋して、悲しい音楽とされる短調で構成された30秒程度の曲に編集、18歳~46歳の実験参加者44人(男性19人、女性25人)にまず聴いてもらい、鑑賞後に「一般的に多くの人は、この音楽を聞いてどう感じると思いますか?」「あなたは、この音楽を聴いてどう感じましたか?」と質問し、それぞれに“悲しい”、“愛おしい”、“浮かれた”など62種類の感情を表す用語とその強度(0~4)を尋ねた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2013年6月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら