茨城を代表する湖・霞ヶ浦に求められる放射能汚染対策

 あの大震災から早くも2年と数ヶ月が経った。宮城県をはじめとする東北被災地では、東京電力福島第一原発事故での放射能汚染による除染作業も民家の除染に移る等、着実に進行しているようだ。しかし、各メディアがこれまで千葉県や茨城県などが被った被害を取り上げていないことからも察せられるが、これら主要被災地として認識されていない県の除染作業は当然ながら遅々として進まない。


 群馬県では毎年冬期の恒例であった赤城大沼でのワカサギ釣りも、今年は放射線の影響からワカサギを釣り上げても持ち帰ることが禁止され、来場者は通年の1/3程度に激減した。確実に関東圏内までに放射線の影響は広まっていたのである。


 茨城県に広がる霞ヶ浦。県南東部から千葉県北東部にまたがる湖であり、日本第2位の湖面積を誇る。また、水質の安定と維持を図るために湖沼水質保全特別借地法指定の湖としても知られている。まさに茨城を代表する湖と言っていい、霞ヶ浦が放射線の影響にさらされているのである。


 56本の河川が流れ込む霞ヶ関。県南地域の河川には放射線量が高く検出された場所もあり、この影響からか霞ヶ浦で採取されたウナギをはじめとする4種の水生生物から1キロあたり100bqを越えるセシウムが検出された。


 今年5月14日、市民団体「いのちの水・霞ヶ浦を守る市民ネットワーク」は橋本昌知事にあて、汚染対策や調査についての要望書7項、とおよそ17,400筆の著名を県に提出した。しかし、担当者からの回答は「国の指示なくして県は対応ができかねる」とのことで難色を示したという。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2013年6月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら