参院選 原発をどうする その選択は

参院選 原発をどうする その選択は

 「高濃度汚染水の地中への漏洩が生じ、海洋へ拡散が起こっていることが強く疑われる」。東京電力福島第一原発事故による海水汚染について、原子力規制委員会は高濃度の汚染水の地中への漏洩により汚染が海洋に拡散している事態が「強く疑われる」と深刻な事態であるとの認識を10日、示した。


 「地下水・海水のモニタリングデータについて引き続き注視し、必要に応じ追加モニタリングを指示する」方針だ。


 また(1)海洋への影響を遮断するための薬液注入による地盤改良対策の早期完了の必要(2)来年度中の完成予定ですすめている海側遮水壁工事の早期完了を促す(3)汚染源の可能性のある海側トレンチ内の汚染水の濃度低減と抜き取り作業の早期実施を促すことにした。


 放射性物質の流出による被害は収束しているといえるのだろうか。東京電力は原発が大きな事故に見舞われた場合の地球環境や生態系への影響をどの程度に受け止めているのだろう。


 当事者として、事故の深刻さを認識し、直接の被害者らには補償で対応しているが、地球環境への影響、自然界の動物、魚介類、植物などあらゆる生態系への影響への責任について、少なくとも経営陣の認識はどうなのか。訴える術のない彼らへの償いをどうすることが償いになるかを身を持って示すべきではないか。それは「即刻原発ゼロ」への一歩を踏み出すことだ。


 しかし、どうも東京電力の見据えている世界は違うようだ。東京電力は新潟県柏崎市と刈羽村にまたがる柏崎刈羽原発の再稼動の申請を8日は見送ったが、泉田裕彦新潟県知事が国民の理解は到底得られないと申請姿勢に強く反発したことなどを受けての対応に過ぎないのではないか。申請を残念したとの表明はない。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2013年7月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら