自動車大国日本、復権のカギを握る自動運転技術

自動車大国日本、復権のカギを握る自動運転技術

 今、自動車業界は次世代の自動車として、自動運転の実現に向けた動きがにわかに活発になってきている。日本でも、政府の成長戦略の中に自動走行システムの実現が盛り込まれており、国土交通省では、2015年を目処に高速道路での同一車線走行技術を確立、2020年代初頭に高速道路での自動運転の実現を目指し、2012年6月から検討会を行ってきた。そして、今年8月5日には高速道路に於ける自動走行実現に向けた工程表骨子をまとめたと発表した。


 省レベルで本格的な検討を行うのは世界でもこれまでに例がない。


 そんな中、日産自動車<7201>が8月27日、米カリフォルニア州で開催したイベント「日産360」の席上で、2020年までに同社の複数の車種において自動運転を実用化することを発表し、注目が集まっている。自動運転車の開発はこれまで、トヨタ<7203>や米GM社、ドイツのアウディなどの自動車メーカーが実用化に向けての研究開発を進めてきた。とくにトヨタは、今年1月にアメリカの公道でGPSを組み込んだレクサスを走らせる実験を行って話題になっていた。


 また、自動車メーカーだけでなく、IT大手のグーグルも参入を表明しており、17年までの実用化を視野に入れた公道実験を進めている。しかし、これらはまだ開発段階であり、実際に自動運転車を商品化する方針を表明したのは、今回の日産が世界初となる。


 日産は、東京大学をはじめ、スタンフォード大学やマサチューセッツ工科大学、オックスフォード大学、などと共同で研究を行ってきた。今回のイベントでは、同社の電気自動車「リーフ」をベースにしたモデルが公開されたが、2020年までに複数モデルにこの技術を採用して販売を開始し、10~12年以内には同社の車種全般に自走技術を普及させる計画を明らかにしており、法規制が整備された国から順次売り込みを開始していく。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュース

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年8月31日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。