世界が期待するバイオマス発電の将来

 東日本大震災以降、原発に対する不安と不信によって日本国中の原発の再稼動が見合わされている中、現在、国内で唯一稼働中の関西電力大飯原子力発電所の3号機・4号機が定期検査によって、3号機は9月2日、4号機は9月15日から停止する予定となっている。


 現在の状況としては、定検後の再稼働の見通しは立っていない。


 このような状況の中、原子力発電や火力発電の発電量には及ばないまでも、太陽光発電をはじめ、風力や水力、バイオマスなどの安全面でのリスクが少ない発電モデルが注目されている。中でも、バイオマス発電はこれからの市場拡大に期待が寄せられている分野だ。


 間伐された廃材や木炭、肥料、作物残渣などを原料とするバイオマス発電の燃料資源は世界中に豊富に存在しており、実質、無尽蔵といえる。実際、バイオマスは現在、世界の1次エネルギーの約14%を供給していると推定されている。


 海外ではすでに、積極的にバイオマス発電事業への取り組みがはじまっている。例えば、イギリスでは2012年1月から発電容量750メガワットを誇る世界最大のバイオマス燃料発電施設が稼動しているほか、大小様々なバイオマス発電施設が急増しており、今後10年間にバイオマス発電は急速に拡大すると予想されている。


 また、一般的に発電効率が20%程度といわれるバイオマス発電において、スイスでは発電設備から地域暖房や製材所、工場などへの熱供給を組み合わせたコージェネレーションを展開することで高効率化に成功しており、とくにチューリッヒ市郊外にあるアウブルッグ木質バイオ発電所では90%という非常に高いエネルギー利用効率を実現している。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年8月31日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。