【今週の振り返り】先物主導の急落多く113円上昇の実感なき週

【今週の振り返り】先物主導の急落多く113円上昇の実感なき週

 前週末25日のNYダウは61ドル高で続伸。マイクロソフト、アマゾンドットコム、P&Gの決算が良く、ミシガン大学消費者信頼感指数が確報値で下方修正されても下押し要因にはならなかった。28日朝方の為替レートは、97円台後半、ユーロ円は134円台後半だった。


 日経平均は173.46円高の14261.65円で始まる。さすがに25日の398円安、終値14088円は下がりすぎで大幅自律反発スタート。前場は14200円を割り込む場面もあったが、おおむね14200円台での安定した値動き。後場は14300円前半で推移した後、為替のドル円が円安方向に少し振れて午後2時前に一段高になり14300円台後半に乗せる。大引け3分前には14400円にもタッチし、終値は307.85円高の14396.04円。日中値幅が206円もあったのかと思えるほど波乱のない一日だった。TOPIXは+20.08の1198.36で1200台回復はお預け。売買高は23億株、売買代金は1兆7154億円で、最近は大きく下げないと2兆円は超えなくなっている。


 業種別騰落率は全業種がプラス。上位は空運、ガラス・土石、電気機器、金属製品、陸運、機械など。下位は石油・石炭、鉱業、水産・農林、サービス、ゴム、鉄鋼などだった。


 28日のNYダウは1.35ドルの小幅安で3営業日ぶり反落で、29~30日のFOMC(連邦公開市場委員会)やアップルの決算を前にひと休み。鉱工業生産指数は7ヵ月ぶりの高い伸びでも中古住宅販売仮契約件数が悪化し、製薬大手のメルクが減益決算を発表したが、10月いっぱい続く7~9月期決算発表はこれまで約7割の企業が市場予測を上回って株価は底堅い。29日朝方の為替レートは、ドル円は97円台後半、ユーロ円は134円台後半で、前日とあまり変わらない水準だった。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2013年11月2日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。