読書週間に考える「町から本屋が消えた理由」

 10月27日から11月9日は読書週間。リサーチバンクによると、1ヶ月に1冊以上本を読む人は全体の46%程度と、3年前から9%減った。


 読書をする人に「本を購入する場所」を聞いたところ、トップは男女とも「豊富な品揃えの大型書店で購入」で53.7%。次いで男性は「インターネットで購入」が多く、女性は「図書館で借りる」が多い。一方、昔からある「近所の小規模な書店で購入」は、男女ともに約2割と少数派だ。


 「本屋のない町で 私たちは幸せだろうか?」大手出版社の宝島社は2010年、新聞にこのような広告を出し「電子書籍反対」をうたった。当時は電子書籍元年といわれており、危機感から同社は「電子書籍の普及で町の本屋がなくなる」と主張しているような感じを受ける。


 確かにここ数年で、近所の小さな本屋を見かけなくなったような印象はある。ところがその要因は、電子書籍の普及とはほぼ関係がない。なぜなら電子書籍が普及し始めた2010年よりずっと前から、「町の本屋」は減り続けているからだ。


 日本著作販促センターによると、1999年に2万件以上あった書店は、2013年には約1万4000件まで減少。この14年で約8000件の本屋が町から姿を消したことになる。書店の減少は電子書籍の影響というより、アマゾンなどネット書店の拡大や活字離れなど、さまざまな要因によるものだ。


 「町の本屋」が姿を消したもう1つの大きな要因は、大型書店が増えたことにもある。この10数年以上にわたり、書店の数は減り続けている一方、1店舗あたりの売り場面積は増え続けているのだ。つまり書店の大型化が進んでおり、宝島社が広告で主張した「本屋のない町」は、品揃えが豊富でベストセラーを大量に仕入れやすい大型書店に、町の本屋が淘汰された結果とみることもできる。


 初めに紹介したアンケートでも、人々が本を買う場所は「大型書店」がトップで、「近所の小さな書店」の2倍以上にのぼっている。電子書籍を利用している人は全体の21%にすぎない。町から本屋が消えたのは、電子書籍の影響だけではないだろう。(編集担当:北条かや)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2013年11月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら