野村証券、営業企画部にNISA専門チームを設置

 11日、野村ホールディングス<8604>傘下の野村証券は、2014年1月から始まる少額投資非課税制度(NISA)に照準を合わせ、その普及を加速することを目的とした「野村NISAチーム」を営業企画部に設置したことを発表した。「野村NISAチーム」は3人編成で、セミナーの開催や投資家向けの情報を発信していくことにより、「NISA」の認知度を上げること以外に、新たな顧客の獲得を目的としている。


 「NISA」口座の投資家獲得を巡り、今、多くの会社がしのぎを削り合っている状態だが、野村証券では2日付けで営業企画部内に「野村NISAチーム」を設置し、これにより来年から始まる新制度についての情報発信を行い、そして普及を強化させて行く。そしてこの新制度の開始により、これまで証券投資の経験のない新しい顧客の開拓が見込めるとの判断を示している。


 グループ会社である野村アセットマネジメントが行なった「NISA」についての調査によれば、その新しい制度に対する世間の認知度は10月の段階で65%であり、3ヶ月前の調査の際に出された40%という数値からは上昇したものの、決して「広く認知されている」とは言い難い結果であり、また「NISAという名称は知っていても、内容までは知らない」という回答者が37%、そして「NISAの利用は考えていない」という回答も66%と拡大しており、証券投資の経験のない人々へいかに普及させていくかが大きな課題となっている。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2013年12月15日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら