増加する人工透析患者 注目の技術特許は腹膜透析

 人工透析患者が増加している。日本透析医学会の集計によると、透析患者は毎年増加し続けており、2011年末には初めて30万人を超えた。これまでは、日本の他にも米国、欧州などの先進国に集中していたが、今後中国をはじめとした新興国でも増加が予想されているという。それに伴い新興国でも透析装置関連事業の展開が進められている。


 これを受け、パテント・リザルトでは、国内で出願された人工透析関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめた。調査は1993年から2013年11月末までに公開された特許公報を対象とした。


 この調査では、人工透析関連技術の特許を集計した。さらに、各個別特許の注目度を得点化し、特許の質と量から総合的な評価を行った。その結果、「総合力ランキング」では、1位がBaxter、2位がFRESENIUS MEDICAL CARE、3位が日機装となった。


 1位のBaxter注目度の高い特許は、腹膜透析に関する技術が多い。総合力2位のFreseniusは低コストで尿毒素を測定する装置に関する特許が、3位の日機装は、血液回路における自動プライミングに関する特許が高い注目度となった。


 また、これらの上位企業がどのような作用、効果を狙った技術に関する出願をしているかについて、特許分類の一つであるFタームを用いて調査した。出願が集中している操作性については、特にFresenius、日機装の件数が多く、Baxterがこの2社に続く。主に中空糸膜を手掛ける東洋紡、旭化成メディカルの2社は操作性に関する出願が少ない結果となった。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2014年2月2日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら