「データ通信量と月額料金」に関するスマホユーザーの利用実態調査結果

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社は、「NTTコム リサーチ」(旧 gooリサーチ)の登録モニターのうち、10代~60代以上のスマートフォン、またはタブレットの保有者を対象に「データ通信量と月額料金」に関する調査を行い、その結果を2014年2月27日に発表した。


 有効回答者数は1,538名(男性54.1%、女性45.9%)で年代別構成は、10代1.4%、20代15.4%、30代32.2%、40代16.3%、50代16.3%、60代以上4.2%である。


 調査の結果、全ユーザー全体の月間のデータ通信量は、1GB未満が全体の70.4%を占めた。そして、スマートフォン等の月額料金についてはとても高いと感じているのは28.4%、やや高いと感じているのは52.8%で合計81.2%ものユーザーが高いと感じている。


 使用場所でもっとも時間が長いのは、自宅が61.9%で、モバイルである必要性がないので意外な結果と言える。2番目に多いのが、移動中の23.1%で、本来のスマートフォンの使い方と言える。なお、自宅でのインターネット接続環境は69.8%が無線LAN(固定回線)である。


 料金が高いと感じているのに対して、最近注目を集めているMVNO事業者が提供している格安SIMカードの利用率は、全体の3.2%にしかすぎない結果である。さらに、格安SIMカードについて、「格安SIMカードそのものを知らない」、あるいは「名前は知っていても内容を知らない」の2つの合計は72.6%にも達し、認知が進んでいない。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2014年2月28日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら