米国で高血圧の治療開始基準値引き下げ 日本への影響は

 アメリカ共同国内委員会(JNC)が、60歳以上の患者の血圧目標値をこれまでの140/90mmHGから150/90mmHGへ緩和する等の新指針を提言した。


 新指針は、『米国医師会雑誌(JAMA)』に今月5日掲載されたもの。これまで60歳上の患者では、血圧値が140/90mmHG超えた時点で降圧剤投与等の治療開始すべきとしていたところを、150/90mmHGまで引き上げるとしている。同様に、60歳以下の成人で、糖尿病や腎臓病を基礎疾患がある場合の治療開始基準も130/80mmHGから140/90mmHGへと緩和された。それ以外の成人についてはこれまで同様に、140/90mmHGを目安とする考え。


 日本では、JNC旧指針と同じ140/90mmHGを治療開始の目安としている。これは、「日本高血圧学会が定めた高血圧治療ガイドライン2009」をベンチマークとしたもの(通称「JSH2009」)。日経メディカルオンラインの調査によれば、「JSH2009」を「よく利用している」と回答した医師が49.7%、「いつも利用している」が5.6%。合わせて半数以上の医師が「利用している」と回答している(「高血圧治療に関する調査2009-2010」調べ)。


 JSH2009では、中年者では130/85mmHg未満、高齢者では140/90mmHg未満、糖尿病患者、慢性腎臓病患者および心筋梗塞後患者では130/80mmHg未満、脳血管障害患者では140/90mmHg未満を基準と定めている。さらに、緊張しやすい診察室と異なるリラックスした状態で測定する血圧を家庭内血圧と呼び、上記よりそれぞれ5mmHg低い値を目標の目安として位置づけている。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2014年3月1日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら