【日経平均】米雇用統計を待ちながら139円高で4日続伸

 6日のNYダウは61ドル高。S&P500は過去最高を更新したがNASDAQは反落した。1月の製造業受注指数は0.7%減で市場予測を下回ったが、新規失業保険申請件数が前週比2.6万件減少と市場予測よりも良く7日発表の雇用統計に期待をつないだ。アメリカ政府がロシアへの経済制裁を発動しても反応薄。シティ、JPモルガン、バンカメなど大手金融株は続伸したが、減益決算を発表したコストコは下落した。日本証券業協会はNYで「日本証券サミット」を開催。7日朝方の為替レートはドル円が103円近辺、ユーロ円が143円近辺と円安が大きく進行した。ECB理事会は噂された利下げを行わず、ドラギ総裁が記者会見でユーロ圏の景気に楽観的な見通しを示したのでユーロが買われた。


 シカゴCME先物清算値は15295円。日経平均は146.01円高の15280.76円で始まる。午前9時7分に15236円まで凹んだ後、順調に値を切り上げて9時28分に15300円を突破。TOPIXも1240台に乗せた。前日からドル円が円安に動いて103円台に乗せたのがよく効く。だが15300円前後の高値もみあいは長続きせず、ドル円が再び103円を割ったため10時前から下落し15250円前後の値動きに。金曜日でもあり利益確定売りに上値を抑えられながら、前引けは15220円だった。


 後場は上げ幅を縮小して15200円割れで始まり、午後0時45分には週末のポジション整理なのか14145円まで下落したがかろうじてプラスは維持。その後は「1歩後退・2歩前進」のペースで15200円、15230円、15250円と階段を昇るように水準を切り上げる。2時に景気動向指数速報値が発表され、一致指数は前月比2.5ポイント上昇、先行指数は0.5ポイント上昇と悪くない。発表後の2時台は15250円近辺でアメリカの雇用統計を待ちながら、相場は動かない。そのまま幕が下りるかと思いきや2時40分頃からいきなり急伸して15300円に接近。終値は139.32円高の15274.07円で4日続伸し、4勝1敗、前週末比433.00円のプラスで今週の取引を終えた。日中値幅は167円。TOPIXも+8.61の1236.97で4日続伸。売買高は20億株、売買代金は1兆9768億円で2兆円に届かなかった。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2014年3月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら