【日経平均】黒田総裁が吹かせた「春の嵐」で307円安

 8日のNYダウは10ドル高で4営業日ぶりに反発した。NASDAQも反発。アマゾン、グーグル、フェイスブックなど人呼んで「モメンタム株」のハイテク銘柄が買い直されたとはいえ朝の底値からの自律反発の色彩が強く、NYダウは前日比50ドル高近辺まで上昇するとあっさり上値を抑えられた。決算発表待ちムードも根強く、ウクライナでは特殊部隊が出動してデモ隊を排除し緊張が高まっている。IMFが2014年の世界の経済成長率を3.6%、日本の経済成長率を1.4%に下方修正し暗雲漂う。9日朝方の為替レートはドル円は101円台後半、ユーロ円が140円台後半と約3週間ぶりの円高水準になった。


 円高はウクライナ情勢緊迫で米国債が買われたこともあるが、初の生中継が認められた前日大引け後の黒田総裁の記者会見で早期緩和期待が剥落したことが大きい。緩和を匂わせるリップサービスでマーケットのご機嫌をうかがうどころか、「GDP(需給)ギャップはほとんどゼロに近い」など金融政策現状維持、物価目標達成に自信みなぎるサムライぶり。この先、何が来ようと「花も嵐も踏み越えて」という孤高の覚悟なら、東京市場も朝から「春の嵐」覚悟。シカゴCME先物清算値は14355円。取引時間前の外資系証券の売買注文動向は今週3日連続の売り越しで、日経平均は170.83円安の14436.05円で始まる。防衛線と思われた200日移動平均線14589円も軽々とワープする下げっぷりを演じた。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アマゾン」のニュース

次に読みたい関連記事「アマゾン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。