プロ野球が4年ぶり第1位 総報道時間でサッカーを大きく引き離す 楽天イーグルスの日本一が話題に

 サッカーに話題をさらわれがちで憂き目を見ていた野球界も、今年は華々しい話題に恵まれた。なんといっても話題となったのは、球団創設9年目で勝ち取った楽天イーグルスの初の日本一だろう。話題の大きさに比例して2013年の年間テレビ報道時間も、4年ぶりにサッカーを抜いてプロ野球が第1位となった。ニホンモニターの調査でわかった。


 13年最もテレビが報道したスポーツ競技は、楽天イーグルス初の日本一で日本中が沸いた「プロ野球」で、10年以来4年ぶりの1位獲得となった。その他WBCの開催、大谷翔平選手の日ハム入団、長嶋茂雄・松井秀喜の国民栄誉賞受賞などの話題で報道を賑わせ、総報道時間は649時間に及んだ。


 報道時間数の2位は、昨年まで1位だった「サッカー・フットサル」で403時間。次いで「フィギュアスケート」121時間、「MLB」110時間、「柔道」85時間の順だった。


 アスリート別の報道量もプロ野球・田中将大が1位を獲得。楽天日本一を報じる放送でも、「マー君志願の連投・・・雄叫び 楽天が悲願の日本一(11/4モーニングバード!)」、「最後はマー君&銀次も涙『夢と希望をありがとう』(11/4 news every.)」と田中選手を中心とする見出しが躍った。その後も、年末に球団がメジャー移籍を容認するまで去就をめぐる報道が続き、総報道量109時間に及ぶダントツの1位で13年を締めた。


 アスリート別2位以下は浅田真央、香川真司、大谷翔平、本田圭佑の順。昨年第1位2位のダルビッシュ有、澤穂希と4位のイチローはトップ5に入らず、3位の香川真司、5位の本田圭佑は2年連続同一順位だった。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2014年4月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら