「サントリー酒類部門の本社機能が米国に転出する?」 これって、誰かのミスリードなのか?

「サントリー酒類部門の本社機能が米国に転出する?」 これって、誰かのミスリードなのか?

 東京・港区台場のサントリー・ホールディングス(HD)が、今年1月にアメリカの蒸留酒大手のビーム社を総額160億ドル(約1兆6500億円)で買収すると発表した。買収手続きは独占禁止法にからむ欧州連合(EU)の審査を待ち、6月までに完了する。


 結果、サントリーのスピリッツ事業と合わせて売上規模は年間43億ドルを突破し、世界で第3位のスピリッツ供給メーカーとなる。つまり、サントリーのシングルモルトウイスキー「山崎」「白州」だけでなく「JIM BEAM」「Maker’s Mark」などのビーム社ブランドを含めた包括的な海外での販売促進に向け、スピリッツ部門におけるビーム社の販路を効果的に活用しなければならない、というレポートは以前伝えた。


 そのサントリーによるビーム社買収後に、現在東京・台場にあるサントリー酒類事業を担当する「サントリー酒類会社の本社機能を米国に移す方向で検討している」ということを伝えてきたメディアがいくつかある。共同通信が4月19日10時54分に配信し、国内の河北新報や徳島新聞などの地方紙が一斉に報じた一件だ。


 前述のようにサントリーの酒類事業の海外営業・販路構築は、現在サントリーHD子会社のサントリー酒類が担当している。が、ビーム社買収後は米国の「ビーム・サントリー」(買収後のビーム社を改称する仮称)に、そのヘッドクオーターを置くというのだ。ビーム社のマット・シャトックCEOが社長に就くと具体的な記述をしているメディアが多い。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2014年5月6日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。