LINEが今秋にも上場か 企業価値は1兆円以上との声も

 スマートフォン向けのメッセージ交換・無料通話アプリを提供するLINEが今秋にも日米市場にて新規株式公開(IPO)を実施する計画だという。ブルームバーグが複数の関係筋からの話として報道している。LINEは韓国に本社を持つ大手検索サイト、ネイバー社の日本子会社だ。早ければ今年の11月にニューヨーク証券取引所(NYSE)と東京証券取引所に同時に上場する可能性がある。実現した場合、時価総額1兆円超えは確実と見られており、久々の大型上場案件となる。1兆円といえば現在の日本市場ではおよそトップ100に入る規模である。会社設立が2000年と最近であることを考えれば同社がいかに急激に成長してきたかが解るであろう。


 上場に向けては野村ホールディングス<8604>やモルガン・スタンレーと協議を進めていると見られるが、主幹事や規模、具体的な上場先といった詳細についてはこれから決定される見込みだ。


 今や電話番号やメールアドレスは知らなくてもLINEのIDは知っているという若者同士も多い。メッセージのやりとりに豊かな感情を表現するスタンプや、タイムライン、ゲームとの連携といったSNS機能も充実しており、新たなインフラとして完全に定着した感すらある。最近よく耳にする「既読疲れ」もLINEメッセージに関する用語であり、良くも悪くも社会における影響力が相当に強いことが伺える。


 しかし、日本においては圧倒的な強さを誇るLINEも、世界全体でみるとそれほど大きなシェアを獲得しているわけではない。モバイルデータを解析しているOnavo社の調査によると、たしかにLINEはメッセージアプリとして日本で7割以上のシェアを持っている。だが、他国においては香港やスペインで4割強とやや高い値を示すのみで、それ以外の国では数パーセント程度なのが現状だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2014年6月15日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュース

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら