スマートコミュニティを加速する、世界初の通信

スマートコミュニティを加速する、世界初の通信

 「省エネルギー」という言葉が頻繁に使われるようになったのは、1973年の第一次オイルショック以降といわれている。ただし、当時の省エネはまだ節約が主流で、エネルギー効率の向上に重点を置いた今の省エネとは少しニュアンスが異なっている。同じ言葉でも40年以上も使われていれば、その時代や技術の進歩によって、内容に変化があるのは当然だろう。そして今、スマートメーターやHEMSなどを含めた、スマートコミュニティの登場によって、省エネはまた新たな局面を迎えようとしている。


 スマートコミュニティとは、電力、その他のエネルギー、水、交通や物流、医療、情報に至るまで、各種インフラを地域単位で統合的にモニタリングし、最適な制御と管理を行うことによって効率的な使用を実現しようとする、次世代の社会システムのことだ。


 このスマートコミュニティの形成に向けて、世界の先進諸国では社会実験をはじめ活発な取組みが行われており、日本でも電力、重電・機器メーカ、IT、不動産ディベロッパーなど約300社からなる官民連携組織「スマートコミュニティ・アライアンス」が2010年4月に設置されたほか、国内外での実証事業の実施、競争力に直結する標準化の策定等にむけた取組みが行われている。


 スマートコミュニティの実現には、様々な機器を結びつけるための通信技術が重要な役割を担っている。とくに、Wi-Fiや特定小電力無線などは欠かせない技術だ。ところが、無線通信は非常に便利な一方でセキュリティ面や混信による通信障害などの問題も指摘されている。また、どうしても鉄筋コンクリートや金属フレームを使用した建築環境下、金属筐体の機器では通信品質が低下するという弱点があり、これが課題となっていた。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2014年6月28日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら