地域活性化に貢献する経営塾とは

 2014年7月25日に政府が閣議了解した2015年度予算編成の概算要求基準案では、4兆円規模の「新しい日本のための優先課題推進枠」が特別枠として設けられている。これは安倍内閣が推し進める一連の経済政策の中でもとくに、地方活性化や成長戦略の実現に向けた取り組みに対して重点的に予算を配分するためのものとみられる。


 地域活性化の妨げになるのが、地域の過疎化だ。わが国は超高齢化社会に突入しているが、過疎化によって慢性的な人材不足に陥り、大きなダメージを受けている地域経済は少なくない。多額の税金を投入し、借金してまでも地域の活性化を図る必要性を問う声もあるが、この状況がさらに進むと、日本経済全体にとってそれ以上に深刻なマイナスをもたらすことになるだろう。


 中でも近ごろ問題となっているのが、建設現場の人材不足だ。消費増税の駆け込み需要に加え、東日本大震災の復興や東京オリンピック関連の建設事業で人手が取られてしまい、地域の建設現場では技術者の確保に頭を悩ませているところが増えている。貴重な人材の流出を防いで、地域の建築市場が活性化するためには、何よりもまず、地元での安定した受注が必要となる。しかしながら、資本力の高い大手ハウスメーカーはともかく、地方工務店が安定した受注を確保することは、なかなか難しいのが現状だ。


 そんな中、株式会社アキュラホームが主宰する日本最大級の工務店ネットワーク「ジャーブネット」が、工務店専門の経営塾「新生ビルダー塾」を新設し、話題となっている。この経営塾は「日本の家づくりを変える」をミッションに掲げ、全国で40棟以上の住宅供給実績のある優良ビルダーを対象に選抜されるもので、参加企業はアキュラホームのサポートを受け、経営相談や経営計画に基づいた体制強化支援、共同研究、商品開発、プロモーション、仕入れ、研修など、目標達成に向けた実践的な活動を行い、年間100棟の完工、営業利益1億円を目標に、安定経営の仕組みをつくることを目指すという。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2014年8月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。