民法を明治以降初の大幅改正 現代社会のルール明確に

民法を明治以降初の大幅改正 現代社会のルール明確に

 法務省は8月26日、民法改正を求める原案を法相の諮問機関である法制審議会の民法部会に提出した。民法部会ではこの原案が大筋で認められ、今後さらなる審議を重ねた上で、来年の通常国会を経て改正案の成立を目指していく。


 改正の柱となるのは債権分野だ。1896年に民法が制定されて以来、債権に関する改正は一度も行われていない。現代社会にそぐわない内容を見直し、インターネット取引など新たに社会に広がった経済活動に対応できるよう修正が必要とされている。これまでは過去の判例に基づいて裁かれることの多かった民事訴訟だが、民法改正によって慣習による曖昧なルールを見直し、国民の権利を守れるよう是正していく方針だ。


 改正案では「未払い金(ツケ)」に対する債権の期間が業種ごとに異なる点が問題として挙げられている。ツケの時効は飲食費用に対して1年、病院にかかった際の診察費は3年など、対象となるものごとにそれぞれ異なっていたが、期間を一律にまとめて5年に延長される。


 賃貸住宅に入居する際に必要となる「敷金」に関しても改正が施される見込みだ。敷金については返済義務などが民法で明確に規定されておらず、ルールが不明確なままやりとりされていた。敷金の取り扱い方に意識の差が生じることにより、借り主と家主の間でのトラブルも絶えない。原状回復費用として差し引かれることの多かった畳代や、壁紙の費用などにより、敷金がほとんど戻ってこないというケースは少なくなかったが、法改正によって、経年変化による家の傷みに対して借り主に原状回復の義務はないと規定が設けられる見通しだ。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2014年9月15日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら