【今週の展望】先物売りにボロボロにされるSQ週が復活か?

 今週、10月第2週(6~10日)は5日間の取引。6~7日は日銀金融政策決定会合があり、金曜日の10日は指数オプション取引と指数ミニ先物の特別清算指数算出日の「マイナーSQ(オプションSQ)」になる。9~10日はアメリカでG20財務相・中央銀行総裁会議が開かれる。


 世界の主要国の株式市場の休場は、6日、7日は中国の国慶節休暇で上海市場などの本土市場が休場するが香港市場は開く。6日はマレーシアがイスラム教の「ハリ・ラヤ・ハジ(聖地巡礼祭)」、9日は韓国が15世紀にハングル文字が制定された「ハングルの日」、10日は台湾が1911年の辛亥革命を記念する「国慶日(双十節)」で、それぞれ祝日休場する。


 国内の経済指標は、数は多くないが9日の機械受注、10日の第三次産業活動指数など重要なものがある。日銀の金融政策決定会合後の記者会見で、いつもの強気の「黒田節」のトーンに変化が出るかどうかも注目。6日は9月の車名別新車販売、7日は8月の景気動向指数速報値、8日は8月の国際収支、9月の景気ウォッチャー調査、9日は8月の機械受注、9月の東京都心部オフィス空室率、9月の工作機械受注速報値、10日は8月の第三次産業活動指数、9月の消費動向調査が、それぞれ発表される。


 6~7日は日銀の金融政策決定会合が開かれ、7日の正午前後に結果が発表され、大引け後の3時30分から黒田総裁が記者会見を行う予定。7日はH-ⅡAロケットの打上げが予定されている。7~11日にアジア最大の家電見本市「CEATEC JAPAN 2014」が千葉市の幕張メッセで開催される。10日はマイナーSQ(オプションSQ)の日。9月3日、4日に開催された日銀の金融政策決定会合の議事要旨が発表される。また、気象庁からエルニーニョ監視速報が発表される。出現せず、冬は冬らしくなったほうが景気にはプラス。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。