“ディーセント・ワーク” 人間らしい仕事してますか?

 ディーセント・ワークとは「働きがいのある人間らしい仕事」と訳され、1999年国際労働機関において呼びかけられて以来、じわじわと浸透している概念である。


 日本労働組合総連合会は、ディーセント・ワークに関する実態調査を26日までに行った。


 「働きがいのある人間らしい仕事とはどのような仕事をイメージするか」という質問に対し、もっとも多かったのは「人の役に立つ・貢献できる仕事(191件)」。ついで「好きなこと・やりたいことができる仕事(80件)」「自分にあった・能力が活かせる仕事(80件)」「報酬が見合っている・きちんと評価されている仕事(77件)」「喜ばれる・感謝される仕事(69件)」「楽しい仕事(52件)」「満足感・充実感・達成感がある仕事(51件)」「やりがいがある仕事(46件)」等となった。「働きがいのある人間らしい仕事」とは、自己の充実と社会的評価の両面が求められるようである。


 現在就業中、または就業経験のある968名に、どのようなところに「働きがい」を感じているか聞いたところ、「自分のやりたい仕事ができている(43.3)」が最も多く、「仕事を通じて自分が成長できている(40.0%)」、「責任ある仕事を任されている(39.9%)」「働きに見合った給与が支払われている(34.6%)」「自分の考えや意見を言いやすい(33.9%)」「仕事とプライベートの両立ができている(33.7%)」と続いた。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。