3年ぶり民間給与増、しかし物価の上昇に、賃金の伸びが追いついていないという事実

3年ぶり民間給与増、しかし物価の上昇に、賃金の伸びが追いついていないという事実

 国税庁の民間給与実態統計調査の結果で、2013年の民間企業で働く会社員やパート従業員の平均給与が413万6,000円となり、3年ぶりに増加したことが明らかとなった。男女別にみると、男性が511万円で前年比1.9%増。そして女性が272万円で前年に1.4%増となり、男女ともに給与金額が伸びた結果となった。


 しかし同調査を、正規と非正規で分けてみると、正規社員が473万円で前年比1.2%増だったのに対し、非正規は168万円で前年比0.1%減。また、給与金額を階級別分布でみると、300万円以下の人が40.9%となり全体の4割を占める結果となった。


 ただ給与所得者数が09年から一貫して増加し続けており、パートやアルバイトなどでも労働市場に参加する人材の数が増えていることも明らかとなっている。併せて03年以降、10年を除いて対前年度マイナスが続いていた賃金伸び率がプラスに転じるなど、景気回復が賃金にも及んでいる背景があると言われている。


 一方で、厚生労働省が発表した8月の毎月勤労統計調査の速報値によると、現金給与総額の平均が27万4744円となり、前年同月比1.4%増えて6か月連続の伸びを示した。しかし、物価変動分を考慮した実質ベースの水準では、現金給与総額は2.6%減となる。物価の上昇に、賃金の伸びが追いついていない実態が浮き彫りとなった。インフレ率より所得の伸びが鈍れば、景気回復は実感しづらい。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。