コルベット2015モデルから考えるトルコンATの終わらない進化

 日本ではまだ出たばかりという感じの7代目シボレー「コルベット」。早くも15年型が登場した。


 2015年型の大きなポイントはGMが新たに開発したハイドラ・マチック「8L90」型パドルシフト付き8速ATを採用したことだ。この8ATは、ずば抜けた洗練度とデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)に勝るとも劣らぬシフトレスポンスを実現しているところ。実際フル加速時には、競合車のポルシェ911の7DCTよりも素早くシフトアップし、0~96km/h加速を3.7秒(14年型6ATは3.8秒)で走り抜けるという。


 7代目コルベットは去年6ATを搭載して登場してきた。筆者は今年か来年に7DCTを採用して登場してくるだろうと考えていた。6代目コルベットもデビュー時4ATで登場しその後6ATに変更したというのもあったからだ。そして世界のスーパーカーはどれもDCTを搭載する流れにあり、世界最高を目指すコルベットもその流れに乗ると考えていたからだ。しかし実際にはトルコン型8ATを搭載してきた。


 DCT登場時からトルコン型ATはDCTより効率に劣ると言われてきた。トルコン型ATはエンジンとミッションの間に「ATフルード」というオイルがありそのオイルによって繋がっているからだ。


 しかしトルコン型ATは決して悪いものではない。渋滞時にクリープ現象を利用したスムーズな加速を提供してくれたり、シフトショックがとても小さい。当時、筆者はどこかの企業がトルコンATの良さとDCTの良さをミックスしたトランスミッションを開発しないかな?と考えていた。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2014年11月15日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。