真偽確認せず 自民が武藤衆院議員の離党届受理

 自民党は週刊誌が報じた金銭トラブル報道の真偽を本人に確認することなく、19日、武藤貴也衆院議員(滋賀4区選出)が代理人を通して出した離党届を即日受理した。党として無責任との批判が出そう。


 自民党の谷垣禎一幹事長は週刊誌報道が出たことから、連立与党公明党幹部に事実関係を把握し、報告するとしていた。しかし、武藤議員からの離党届を預かることなく、これを受理し、いわば真相を調べることを放棄した格好。本来、党として真相を明確にし、事実なら党として処分すべき内容だった。


 週刊誌(週刊文春)によると「値上がり確実な新規公開株を国会議員枠で買える」と知人らに持ち掛け約4000万円を集めたが株は購入されず、一部で出資金も返済されていないとしている。


 これに対し、武藤議員は「本件につきましては今後、関係者らと相談し、きちんと対応してまいります」とのコメントを発表している。


 谷垣幹事長は「こういう問題は本人がきちんと説明しなければいけない」と国会議員として、説明責任を果たすよう期待した。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月20日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。