【今週の展望】「2万円再チャレンジ」の条件は整ったのか?

【今週の展望】「2万円再チャレンジ」の条件は整ったのか?

 今週、8月第5週、9月第1週(8月31日、9月1~4日)は5日間の取引。7月の梅雨明けから続いた猛暑、戦後70年、国内外で相次いだ爆発、出火、中国発のグローバルマーケットの大混乱など騒々しかった8月も月曜日で終わり、火曜日から9月に入る。静かな秋がやってくるか?


 世界の主要な株式市場の休場日は、8月31日は英国のロンドン市場がサマーバンクホリデー(銀行休業日)で休場する。マレーシアが「メルデカ・デー(国家記念日/独立記念日)」で休場する。1957年に英国から独立した日。フィリピンが「英雄の日」の振替休日で休場する。独立運動の英雄とともに、送金でフィリピン経済を助ける海外出稼ぎ労働者も英雄視して讃える移動祝祭日。


 9月2日はベトナムが「建国記念日」で休場する。1945年にホーチミン(ベトナム民主共和国初代主席)がフランスからの独立を宣言した日。同じ日に東京湾の戦艦ミズーリ号の甲板上で日本の重光葵外相(当時)が降伏文書に調印し、第二次世界大戦が正式に終了した。翌3日は上海市場など中国本土市場と香港市場が「中国人民抗日戦争および世界反ファシズム戦争勝利70周年記念日」で今年に限って特別休日で休場する。中国本土市場は4日も休場するので、真夏の東京市場を混乱に陥れた上海市場は今週、9月2日までの3日間の取引になる。


 国内の経済指標は、8月31日朝の鉱工業生産指数速報値にまず注目。中国の景気減速の影響が大きければ、今週の株価回復にいきなり水を差す。同じ日の概算要求のニュースにも要注意。国土交通省あたりが大きな数字を出すと、本予算ではなく補正予算、あるいは15ヵ月予算(補正予算と本予算の一体編成)という話になってくるかもしれない。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。