クルマのなかの多重通信を実現する次世代IC、ロームが発表。ワイヤーハーネスを削減し省燃費を達成

クルマのなかの多重通信を実現する次世代IC、ロームが発表。ワイヤーハーネスを削減し省燃費を達成

 国産自動車メーカーの燃費向上競争が止まらない。2015年10月28日から11月8日(一般公開は30日から)に開幕する第44回東京モーターショーで、トヨタのハイブリッド車(HV)「プリウス」の一部グレードで40km/リッターの世界最高燃費を達成したと発表するはずだ。


 自動車の燃費向上策には、いくつかのベーシックな方法がある。代表的なものはパワートレインの改良だ。先のプリウスのようにパワートレインをハイブリッド化するのもひとつの対策だ。トヨタ・オーリスやホンダ・ステップワゴンのように、最近のトレンドであるエンジンのターボ化によるダウンサイズも燃費向上と動力性能アップを狙った方法だ。マツダCX-3のようにクリーンディーゼル搭載もしかりである。


 もうひとつ燃費向上策として効果があるのが車両の軽量化だ。新型プリウスのハイブリッドユニットは先代からのキャリーオーバーながら、車体設計にTNGA(トヨタ・ニューグローバル・アーキテクチャー)と呼ぶモジュール設計で軽量化する。同時にデンソーと協働したシリコン半導体に代わる熱と高電圧に強い新世代のSiCパワー半導体を多用してPCUやECUなどの電装部品を大幅に小型軽量化しているはずだ。


 今年、市場に投入となったマツダ・ロードスターもエンジンを従来の2リッターから1.5リッターに小型軽量化し、加えてエンジンやボディだけでなく、小さなビス1本に至るまでグラム単位の軽量化策を講じて車重1トンを切った。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2015年9月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。