ラピスセミコンダクタ、超省エネマイコンボードを徹底した軽量化で実現、「空飛ぶORIZURU」

ラピスセミコンダクタ、超省エネマイコンボードを徹底した軽量化で実現、「空飛ぶORIZURU」

 千葉・幕張メッセで10月7日から開催された、IT・エレクトロニクス見本市「CEATEC JAPAN(シーテックジャパン)2015」のイベント会場で、半導体・電子部品メーカー「ローム(ROHM)」が展示したラジコン制御可能な空飛ぶ折り鶴型飛行体「ORIZURU」。その「折り鶴」が、同社ブースのなかを高さ6mほどでデモ飛行した。


 「ORIZURU」は、翼をはためかせて飛行する。紙でつくった本物の折り紙折り鶴が、羽ばたいて空を飛んだ。制作したのは、ロームのグループ会社「ラピスセミコンダクタ」だ。全長は約70cm、重さは約31g。出展ブース内をラジコンのように手元操作に従って自由に飛び回る。


 「ORIZURU」は、「ラピスセミコンダクタ」が開発した超軽量&省エネ型マイコンボード「Lazurite Fly(ラズライト・フライ)」があってこそ実現した。「Lazurite Fly」は、無線通信機器や加速度センサー、地磁気センサー、モータードライバなどをSDメモリーカードほどのサイズに凝縮して搭載。「ORIZURU」本体は和紙やカーボン製のパイプで作成し、徹底的な軽量化を図っている。風向きなどの条件さえ整えば、1度の充電で最大10~20分間の飛行が可能だという。


 「Lazurite」は「電子工作・ものづくりを応援する」ことを目的に、スタートアップやベンチャー企業と協業する「チャレンジコラボ」の一環で開発されたマイコンボード。誰でも簡単に電子工作やIoTのプロトタイプが作れるマイコンボード・周辺モジュールなどを含めたリファレンスデザインシリーズ。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2015年10月11日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。