慢性化する人手不足 最も切実なのは「介護業界」「運輸業」等

 「採用しても集まらない」「人手不足で困っている」。人事担当者の嘆きはとどまるところを知らない。半数以上の企業が現在人員不足に陥っていることが日本商工会議所の調べで3日までに分かった。


 人員不足に関する状況について尋ねたところ、「不足している」と答えたのは1,319社で50.2%であった。「過不足はない」が1,195社で45.5%、「過剰である」が93社で3.5%となった。半数以上の企業が人員不足を感じているという結果になった。


 「不足している」と回答した企業の割合は、最も多かったのは「介護・看護」で72.2%であった。次いで運輸業で60.9%。「運輸業」が60.7%、「建設業」は60.7%、「その他サービス」が58.1%、「情報通信・情報サービス業」が56.7%、「不動産業」が53.6%、「卸売・小売・飲食店」が47.2%、「金融・保険業」44.1%、「製造業」44.1%となった。


 また、求める人材については、「一定のキャリアを積んだミドル人材」が67.9%、「高校卒業新卒社員」が40.4%、「大学卒業新卒社員」が32.1%、「管理職経験者等のシニア人材」32.1%となった。教育が必要な新入社員ではなくすぐに即戦力となる経験者を求めている企業の姿がうかがえる結果となった。また、従来の就職であれば大卒新卒社員に一定のアドバンテージがあるが、今回の結果では大学卒業社員よりも高校新卒社員の方がより求められている。ほかにも、能力があればシニア世代も必要とされていることが特筆すべき点である。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2015年11月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。