オムロン、自動ブレーキに欠かせない前方監視センサー「LiCam」を開発

オムロン、自動ブレーキに欠かせない前方監視センサー「LiCam」を開発

 国内外の自動車メーカーが、ここ数年で自動ブレーキ搭載車を急速にラインアップしてきた。これに伴い、自動ブレーキシステムの中核となる高性能でコンパクトな物体検知用センサーが求められている。


 オムロン・オートモーティブエレクトロニクスは、赤外線レーザーで対象物を検知する「Lidar」と現代モービス社の「CMOSカラーカメラ」を統合することで、世界最高クラスの高い認識性能で安全運転を支援する小型の車載用前方監視センサー「LiCam(ライカム)」を開発、2018年の量産を目指す。製品のプロトタイプは、現在、東京・有明の東京ビッグサイトで開催中の第44回東京モーターショーで確認できる。


 今回、開発・発表となった「LiCam」は、赤外線レーザーにより30m先の4輪車両を検知できる「Lidar」と、物体を認識できる「CMOSカラーカメラ」を100×100mmサイズのパッケージに統合した小型で高性能な物体検知用センサーだ。


 「LiCam」は、同社製Lidarと物体の色や形を高精度に認識する現代モービス社製CMOSカラーカメラを統合することにより、レーザーの反射光を横方向と縦方向に分割した多分割受光素子でセンシングし、対象物までの距離を正確に検知する。4輪車両だけでなく、道路上の白線や道路交通標識、歩行者、自動車、バイク(自転車)などの対象物に対する高い認識性能を実現している。カメラ単体で認識が困難だった夜間や逆光といった状況下での対象物のほか、認識困難だった壁や湯煙なども確実に検知するという。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2015年11月1日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。