臨時国会見送りの方針に「憲法ないがしろ」と批判

 民主党の長妻昭代表代行は安倍晋三総理谷垣禎一自民党幹事長が12日の会談で外交日程や予算編成などを理由に臨時国会を開かない方針にしたことに13日の記者会見で「憲法53条に基づき臨時国会の開会を要請している。(開かないなら)安保法制に続いて憲法をないがしろにする動きと断ぜざるを得ない」と強く批判した。


 安保法制、TPP、もんじゅ、原発、軽減税率など国会で議論すべき課題が多いだけに政府与党は臨時国会を避けたい意識が強いのではとの見方もでている。


 長妻代表代行は軽減税率について「消費税増税による社会保障の充実を国民と約束したはず。これを削って(軽減税率の)財源に充ててしまっては何のための消費税増税かわからない。相当問題がある」と指摘した。ただ、自民党が軽減税率の財源に充てる考えであるのに対し、公明党の斉藤鉄夫税制調査会長は消費税10%時の軽減税率導入の財源について「われわれは社会保障の財源を削って、それを軽減税率に回すという議論は一切していない。税制、財政全体の中で考えていくべきと考えている」と自民党に対しても、けん制している。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 民主党 増税
  2. 民主党 政策
  3. 民主党 法案
エコノミックニュースの記事をもっと見る 2015年11月14日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「民主党 + 選挙」のおすすめ記事

「民主党 + 選挙」のおすすめ記事をもっと見る

「民主党 + 消費税」のおすすめ記事

「民主党 + 消費税」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「党首」のニュース

次に読みたい関連記事「党首」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。