【今週の展望】恐怖指数が低下したメジャーSQ週は怖くない

【今週の展望】恐怖指数が低下したメジャーSQ週は怖くない

 今週、12月第2週(12月7~11日)は5日間の取引。金曜日の11日は先物もオプションも清算値を算出する「メジャーSQ」の日。SQ週なので8日の火曜日と9日の水曜日は「鬼門」で、とりあえず要警戒。日経平均先物12月限の3月限へのロールオーバーがうまく進めば、鬼も手加減してくれるが。


 世界の主要株式市場の休場日は、7日にタイが5日の祝日「国王誕生日/父の日」の振替休日で休場する。現在のプミポン国王(ラーマ9世)は1927年12月5日生まれで、88歳になる。医師だった父親(王子)のハーバード大学留学中にアメリカで生まれた。10日にタイが「憲法記念日」の祝日で休場する。立憲革命で最初のタイ王国憲法が1932年のこの日、発布された。その後、2007年までに政変で何度も停止されたり、改正されたりした。現在の軍事政権が提出した新憲法案は今年9月に議会で否決されている。


 国内の経済指標は8日のGDP改定値、景気ウォッチャー調査、9日の機械受注、10日の法人企業景気予測調査と、株価への影響度が大きい指標が並ぶ。市場予測よりも悪く景気の腰折れが出ていれば12月の日銀会合での追加緩和期待が高まる。


 7日は10月の景気動向指数速報値、8日は10月の国際収支、11月上・中旬の貿易統計、7~9月期の国内総生産(GDP)改定値、11月の景気ウォッチャー調査、9日は10月の機械受注、11月のマネーストック、特定サービス産業動態統計速報、10日は10~12月期の法人企業景気予測調査、11月の企業物価指数、東京都心部オフィス空室率、10月の産業機械受注額が、それぞれ発表される。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月6日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。