またしても“取りやすい”ところを狙う、自動車取得税廃止後の補填「自動車環境税」案を総務省が提出

またしても“取りやすい”ところを狙う、自動車取得税廃止後の補填「自動車環境税」案を総務省が提出

 2017年の4月から実施する予定の消費税10%への引き上げに合わせて、自動車購入時に購入額の3%を支払う「自動車取得税」を廃止する。その取得税の廃止で減る約1000億円の地方税収を補填する目的で、新たに自動車購入時に、新税が課せられることになりそうだ。


 総務省は、2017年(平成29年)4月から自動車を購入した際に燃費性能に応じて支払う新たな税「新車購入時燃費課税」について、購入額の0%から3%まで6段階の税率を設ける「環境税」ともいえそうな原案を自動車業界に示した。総務省が2013年から検討を重ね、導入を働きかけてきた新税だ。


 この原案のとおりになれば、燃費が悪ければ3%課税される一方、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)など燃料としてガソリンや軽油を必要としないクルマやプラグインハイブリッド車(PHV)や燃費に優れるハイブリッド車(HV)は免税となる。低燃費車の普及を税制で後押しする狙いだが、要は取得税廃止に伴って減った税収(自動車取得税)を、別の税金(自動車環境税)で補填すると言うことに違いは無い。当然ながら、自動車業界は現行より増税になるモデルもあるため反発を強めている。


 ただ、業界の意向を無視した恰好で、政府・与党は12月10日にまとめる「平成28年度与党税制改正大綱」に、燃費性能に応じた課税の制度設計を盛り込む。


 新税の税率は掲載した表を見れば分かるように、「平成32年度燃費基準」を20%以上クリアであれば0%、10%上回れば0.6%、平成32年度燃費基準達成車1.2%と、燃費基準の達成度合いに応じて課税する仕組みで、「燃費基準」に達していなければ3%課税される。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2015年12月12日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。