共働き子育て世帯が子育てしやすい街 第一位は荒川区

共働き子育て世帯が子育てしやすい街 第一位は荒川区
拡大する(全1枚)

 出産・育児を考え始める際、「働きながら子育てできるだろうか」と悩む世帯は多い。今までのキャリアと収入を維持しつつ子育てができるかどうかは、子育て世帯の最重要論点と言っても過言ではないのだが、地域によってはこのような世帯へのサポートにかなり差がある。


 子育て世代向け情報サイトの日経DUALと日本経済新聞社はこの度、「自治体の子育て支援に関する調査」を実施した。その結果、東京で共働き子育てがしやすい街の第一位に荒川区が選ばれたという。


 今回の調査で対象となったのは東京、神奈川、埼玉、千葉と全国の政令指定都市100自治体。2015年9月~10月の間に実施され、調査へ回答した自治体は81。


 調査では共働き子育て世帯が重視する「教育費」「保育園に入れやすいかどうか」の2点を軸とする12個の評価ポイントを設定した。


 調査の結果、東京でトップに躍り出たのは荒川区だった。最も入園競争率が高いと言われる0歳児クラスの定員に若干難があったものの、認可保育園に入園できなかった世帯への差額補助、最大6万円が高く評価されたようだ。


 国の設定する基準を満たす認可保育園の保育料は比較的安くなっているが、対してそれ以外の認証保育園や認可外保育園は保育料が高い傾向がある。こうした保育料の差が認可保育園への入園競争率上昇の原因になっているが、数が足りていないのが現状であり、この問題を真正面から支援する荒川区のような自治体は今後も高く評価されるだろう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク