【2016年の展望】国内観光地、見据える「爆買い」その後

【2016年の展望】国内観光地、見据える「爆買い」その後

 2015年1 月から11 月の訪日外国人数が約1796 万人で、累計の過去最高を更新したと観光庁が発表した。円安の継続、消費税免税制度の拡充、航空路線の拡大、燃油サーチャージの値下がり、査証の免除や要件緩和などの様々な好条件が重なり、中国の富裕層のツアーや東南アジア各国の修学旅行の需要が急激に増した1年だった。


 国別では中国が464万6700人でトップ、2位が韓国で358万6400人、3位が台湾で341万1300人、4位香港、5位はアメリカと続く。行き先としては東京、大阪、京都、北海道などが多く、東京ならスカイツリーや浅草寺、築地市場、大阪なら大阪城やユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が各人気ランキングの上位に並び、いわゆる「観光地」が新旧問わず注目を集めていることが分かる。


 その影に隠れがちだったが、実はことしは日本国内の旅行客も増えた。8月に主要旅行業者取扱額が16ヶ月ぶりに前年同月比でプラスとなり、現在の最新データである9月も同16%のプラスとなった。盛り上がりの筆頭は新幹線が開通した北陸や関西方面だ。石川県内の旅館の9月の客室稼働率は61.5%で全国トップ。ビジネスホテルの稼働率は9割近くになった。影響は富山や福井などの近隣県にも及んでいる。また関西はUSJやあべのハルカス、兵庫の有馬温泉の人気が高い。


 さて2016年、国内外からの旅行者はどのような動向を見せるか。外国人は「地方」「自然」がキーになりそうだ。観光庁が行った訪日外国人動向調査によると、中国人観光客のうち約9割がショッピングをしたと答えた。しかし、「次回の訪日でしたいこと」という質問になるとショッピングという回答は約5割に。代わりに「日本の歴史・伝統文化体験」や「四季の体感」をあげる人が多かったのだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 観光 東京
エコノミックニュースの記事をもっと見る 2016年1月4日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「観光 + 東京」のおすすめ記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。