春節で訪日ラッシュ!中国経済の減速影響は?

春節で訪日ラッシュ!中国経済の減速影響は?

 今年の中国の旧正月である春節は2月8日。その前後の大型連休(7~13日)を目前に、早くも「訪日ラッシュ」がスタートしている。中国経済の減速が不安視されている中、訪日需要の盛り上がりは加速する一方だ。中国国内でも帰省ラッシュがピークを迎え、春節を挟んだ40日間に約29億人が移動する見込み。


 日本国内8空港に乗り入れる中国の格安航空会社(LCC)春秋航空は、日本便がほぼ満席となり、通常片道8,000円の上海−大阪線が20万円前後にまで高騰する日もあるという。


 全日本空輸<9202>の中国路線は、ピーク前後の予約数が前年に比べ1割増加し、平子裕志ANAホールディングス取締役は「急激な円高にでも転じない限り、中国からの訪日客の動向は変わらない」と見ている。昨年、春分前の1月には約6万2,000件のビザ申請があったが、今年は8万件を超えそうだ。


 軽井沢プリンスホテルは7~13日の予約率が1月29日の時点で9割近くにまで達し、平均単価は前年比35%増。大都市に限らず、地方にも客足が伸びている。


 富士山麓の観光地「忍野八海」では駐車場にツアーバスがずらりと並び、日本語がほとんど聞こえないという。土産物店は中国語で客を呼び込み、活気を見せていた。端境期に関わらず観光客が途切れない現状に、地元住民も驚きを隠せない様子だ。10年前では考えられない光景である。


 昨年ブームになった「爆買い」については、一旦落ち着くとの見方もある。これまでは高級家電などの大物がメインであったが、化粧品や薬などの小物をまとめて購入したり、日本独特のサービスや文化にお金を落とす中国人が増えているという。すでに訪日経験があるリピーターが増えているのが関係していると見られる。


 中国人の訪日時期は、花見のシーズンや中国の法定休日の一つである「国慶節」がある10月などに分散している。2015年は春節月にあたる2月の訪日中国人観光客が約36万人と、前年に比べて2.6倍に増加。今年はリピーターによる「地方開拓」で、新たなブームが巻き起こるかもしれない。(編集担当:久保田雄城)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2016年2月8日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。