グローバル展開を進める日本企業。躍動するアジアと復活の欧州


 また、自動車用防振ゴム・ホース部門で国内トップシェアを誇る住友理工<5191>も、欧州市場へ新規開拓に乗り出した企業の一つだ。同社は、今年1月早々にもグローバル本社を設立するなど、グローバルマーケットへ積極的な姿勢をみせているが、去る1月14日、スウェーデン・ストックホルムに本社をもち欧州全域に展開するホースアセンブリー企業「Hydroscand Aktiebolag」と高圧ホースの販売について、欧州を中心とした 43 ヶ国を対象とする独占的販売店契約を締結した。住友理工グループが産業用ホース事業で欧州市場へ本格参入するのは初めてで、今後の展開に期待がかかる。
 
 日本企業はその体質上、世界市場に向けたグローバルな展開が難しいという声もある。しかし、苦手を克服しなければ、そのマーケットはどこか他の国や企業に持っていかれるだけだ。ASEANも欧州も、大きく動き出している今、日本企業にもぜひ、積極的なグローバル展開を行って、活躍してほしいものだ。(編集担当:松田渡)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。