トヨタ、ベトナムで「トヨタ安全運転インストラクター養成プログラム」実施

トヨタ、ベトナムで「トヨタ安全運転インストラクター養成プログラム」実施
拡大する(全1枚)

 トヨタは交通事故の無い社会を目指して、交通安全を実現するため、各国でさまざまな社会貢献活動を行なっている。


 事業開始から20周年を迎えたベトナムトヨタでは、ベトナム公安省の交通警察局と共同で「トヨタ安全運転インストラクター養成プログラム」を実施し、ベトナム初となる8名の安全運転インストラクターを育成、公開した。


 ベトナムでは2015年、約2万3000件の交通事故が発生し、8671人の方が命を落とすという厳しい交通事故状況となっている。そこで、ベトナムトヨタは、現地警察と一体となって、ベトナムのドライバーに安全運転の知識や技術、さらに安全の心を伝える「安全運転インストラクター」の養成に着手した。


 トヨタ自動車は、訓練内容についてのアドバイスや講師の派遣など、プログラム全般を支援。ベトナムトヨタ社員と交通警察官から選抜された8名がインストラクター養成プログラムに参加し、2014年8月から1年以上にわたる訓練を実施した。


 専任の講師は、トヨタ自動車でテストドライバーや安全運転インストラクターとして30年以上の経験を持つ神野氏で、運転姿勢、ステアリング操作などの基礎から、緊急回避ブレーキやスラローム走行など3S走行(Safety, Smooth, Speedy)中心に高度な運転技術の訓練を実施した。加えて、クルマの構造を理解する重要性や安全に対する心構えについても講習した。


 二輪車が移動体ろして主流のベトナムでは、訓練生たちは全員、マイカーを保有していない。そのため、この講習以外にクルマに乗る機会が殆ど無かった。そのため安全運転スキル習得には、各自大変な苦労したという。毎日アフター5に会社内の駐車場で業務用車を使い訓練の復習をしたり、イメージトレーニングをしたり、日本人では想像できない努力を行なった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク