観光客減った観光地宿泊施設借り上げ検討を

       

 民進党枝野幸男幹事長は17日開いた党熊本地震災害対策本部で「避難が長期にわたるようであれば、観光客が減ってしまった周辺観光地などの宿泊施設を借り上げることも検討したほうが良い」などの提言をした。


 また、神山洋介ネクスト防災担当副大臣は「子どもの教育・学校をどうするのかを考えないといけない」。副本部長の山尾志桜里政調会長は「病院での帝王切開や人工透析など延期のきかないものについての対策が急がれる」とした。


 原口一博対策本部副本部長は「党として、1人で暮らし高齢者、避難に困難を抱える人たちへの支援を特に政府にしっかりお願いしたい」とした。


 本部長の岡田克也代表は「長期化が予想される避難生活に対し、心のケアなど医療関係の対策を求めていく」考えも示した。


 現地・熊本にいる松野頼久衆院議員は「圧倒的に物資が足りないというのが現状。さらに加速することをお願いしてもらうとありがたい」と話した。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

枝野幸男のプロフィールを見る
エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「枝野幸男」に関する記事

「枝野幸男」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「枝野幸男」の記事

次に読みたい「枝野幸男」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月18日の政治記事

キーワード一覧

  1. 枝野幸男 twitter

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。