東日本大震災・原発事故避難者 今も16万人超

 東日本大震災(2011年3月11日)、東京電力福島第一原発事故に伴う避難者の数は発災から5年を経た今も16万5000人に上っていることが復興庁の調べで分かった。


 各地方公共団体の協力を得て、4月14日現在でとりまとめたもので、発災直後の47万人からは3分の1近くまで減っているものの、依然、全国47都道府県の1114市区町村で避難を余儀なくされている人たちがいる。


 避難者数で最も多いのは原発事故被害を受けている福島県で5万2019人。次いで、宮城県の4万3822人、岩手県の2万1078人。東北6県で12万4963人に上っている。


 東北以外での避難生活者は関東地区が2万8783人、近畿が2608人、九州・沖縄が2571人、東海・北陸が2204人、北海道が2086人で、全国で16万5337人になっていた。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月9日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。