【今週の振り返り】ザラ場は派手でも終値は小幅で324円上昇の週

【今週の振り返り】ザラ場は派手でも終値は小幅で324円上昇の週

 16日の日経平均は反発。ヨーロッパ市場は揃って反発したが、前週末13日のNYダウは185ドル安。注目の小売売上高は+1.3%で市場予測を大きく上回り、2015年3月以来の高い伸び。自動車販売やネット通販が好調で、原油価格の下げ止まりも好影響を及ぼした。ミシガン大学消費者態度指数速報値も95.8で市場予測を上回った。しかしそれとは裏腹に百貨店大手のノードストローム、JCペニーの決算、業績見通しがふるわず、ダウの足を引っ張った。卸売物価指数(PPI)は3カ月ぶりの0.2%上昇だが市場予測は下回った。原油先物価格は4日ぶりに反落。CME先物清算値は16390円。


 14日に発表された中国の工業生産高は+6.0%、小売売上高は+10.1%でともに伸び率低下。中国固定資産投資は+10.5%だが民間は+5.2%と弱い。不動産開発投資は+55.9%だが地域差が激しい。為替のドル円は13日のロンドン時間に109円台にタッチしたが、16日朝方の為替レートはドル円が108円台半ば、ユーロ円が122円台後半。


 「安倍首相が2017年4月の消費税率の10%への引き上げを再延期する方針を固めた」という報道が流れた。取引時間前に発表された4月の企業物価指数は-4.2%で、市場予測の-3.7%よりも悪かった。日経平均は20円安の16391円で始まる。TOPIXもマイナス。ところが、始値を「寄り安」にすぐプラスに転じ、9時台のうちに16400円も16500円も16600円も突破し、10時1分に16629円まで上昇する。為替のドル円も円安進行。13日がピークだった3月期決算の業績見通し悪化を織り込んでも、「消費増税先送り」という政策ニュースに打ち消されてスルスル上がった。しかしそれは報道ベースで、安倍首相自身の発言ではない。菅官房長官は「よほどのことがない限り消費増税は予定通り実施する」。10時台は日経平均は16600円付近、為替のドル円は109円手前で膠着する。上海市場は開始後いきなり乱高下。マイナスで始まりプラスにタッチした直後に急落して安値更新。しかし日経平均は意に介さず16600円手前で小動きを続ける。上海は小幅安。そのまま前場を終了し前引けは16583円だった。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2016年5月21日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら