個人住宅で太陽光発電を導入するなら、早い導入が圧倒的にお得

個人住宅で太陽光発電を導入するなら、早い導入が圧倒的にお得

 東日本大震災以降、省エネ住宅設備などに対する注目が高まった。なかでも太陽光を利用した再生可能な電力を生み出す発電機器については、基礎的な技術発展や導入家屋に対する補助金制度の整備によって住宅への設置が急速に進んだ。


 総務省統計局の概算によると太陽光発電設備を有する住宅は、2008年度までの累計が52万戸だったが、2013年度で累計157万戸に達するという。


 このように日本の住宅向け太陽光発電普及は堅調に推移してきた。しかし、太陽光発電協会(JPEA)は日本国内における2015年度第2四半期(2015年7~9月)の太陽電池出荷量の調査を行ない、発表したその結果をみると厳しい状況が垣間見える。


 調査結果によると日本国内の太陽電池出荷量の減少が顕著だという。2015年度第2四半期(2015年7~9月)の太陽電池モジュール総出荷量は、1979MW(メガワット)と、前年同期比で23%減少した。その前の第1四半期(同4~6月)は1737MW(同13%減)であり、減少の幅は広がる傾向にあるようだ。


 国内出荷量では、個人住宅用の減少がより顕著となっており、前年同期比31%減となっている。500kW以上の非住宅用メガソーラーは堅調で前年同期比4%増だったが、500kW未満の非住宅向け小規模発電用は前年同期比で47%減と半減した。国内における太陽電池の需要減少は、固定買取り制度(FIT)の価格が引き下げられたことが要因とみられる。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2016年5月21日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら