16年のウェアラブルデバイス国内市場規模は前年比71.4%増の358万5,000台の見込み

 矢野経済研究所では、ウェアラブルデバイス世界市場の調査を実施した。調査期間は2015年9月~2016年3月、調査対象は携帯電話メーカー、ウェアラブル機器メーカー、ウェアラブルサービス事業者、通信事業者、国内半導体メーカー、海外 ODM/EMS 企業。調査方法は同社専門研究員による直接面談、展示会取材、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査を併用した。


 それによると、2015年のウェアラブルデバイス国内市場規模(メーカー出荷台数ベース)は 209万2,000 台だった。カテゴリ別ではスマートバンド140万 5,000台、スマートウォッチ61万5,000 台、スマートグラス3万9,000台、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)1万6,000台、その他1万7,000台であり、スマートバンドが市場をけん引している。


 スマートバンドは健康志向の高まりを背景に日本でも人気が高まっているという。一部通信事業者でサービスを提供しており、利用者が増加傾向にある。またスマートバンドの価格は数千円台の製品が多く、気軽に購入できることも人気を後押ししている。スマートウォッチについては、大手スマートフォンメーカーの製品が発売された。販路が限定されたものの、高いファッション性を持ち、対応する同一メーカー製スマートフォンが広く普及していることもあり、堅調な販売を記録した。


 2016年のウェアラブルデバイス国内市場規模(メーカー出荷台数べース)は 358万5,000台(前年比171.4%)の見込みであるとしている。カテゴリ別ではスマートバンド188万台(前年比133.8%)、スマートウォッチ140万5,000台(同 228.5%)、HMD20万1,000 台(同1256.3%)、スマートグラス5万4,000 台(同138.5%)、その他4万5,000台を見込んでいる。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2016年5月21日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。