争点は経済と言い、選挙後は憲法改正 枝野氏

 民進党枝野幸男幹事長は安倍晋三総理が、有効求人倍率が全都道府県で統計を取り始めて史上初めて1倍を超えたとアベノミクスの成功例にあげていることに「統計のマジックというか、ごまかしが顕著に表れている」と反論した。


枝野幹事長は(1)団塊世代のリタイアで求職者数が急激に減っていること(2)非正規の求人が圧倒的に増えていることなどをあげ「都合のいいところを断片的に切っているので、実質的な雇用状況が改善しているわけではない。全くのまやかし」と批判した。


また、これまでの安倍総理の選挙戦略に対し、枝野幹事長は選挙では経済を争点にしながら、選挙後には集団的自衛権に対する憲法解釈の変更、特定秘密保護法、安保法制と「まさに『だまし』『ごまかし』をやってきた」と、今回の参院選挙でも、経済が争点と言いながら、選挙後には憲法改正に走る危険を提起。憲法改正発議に必要な衆参両院での3分の2の議席を与えることは絶対に阻止しなければならないとし、参院選挙では「憲法改正に突っ走るような結果を与えていいのかが問われている」とした。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

枝野幸男のプロフィールを見る
エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース オリジナルの主要ニュース

もっと読む

「枝野幸男」に関する記事

「枝野幸男」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「枝野幸男」の記事

次に読みたい「枝野幸男」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月12日の政治記事

キーワード一覧

  1. 枝野幸男 twitter

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。