民進党候補擁立へ 都知事選 枝野幹事長

 舛添要一都知事の辞職について、民進党枝野幸男幹事長は15日「2代に渡って途中辞任するような知事を押し上げた(自公の)責任は東京の方に限らず多くの国民の皆さんが感じていると思う」とした。


 枝野幹事長は「2人続けて(途中辞任する知事を)擁立した人たちは、ふつうは1回休みではないか」とも自公の自重を求めた。そのうえで「国政野党第1党として都政にしっかりとした候補者を擁立し、勝たせる責任は大きい。野党4党と幅広い市民の皆さんの連携を大事にしながら候補者を擁立したい」考えを示した。蓮舫代表代行らの名が挙がっている。


 一方、自民党谷垣禎一幹事長は都知事候補について「都民がどのようなことを感じているか、我々の組織としては東京都連、都議会自民党がどういう意向を持っているか、そういったことを十分尊重しながらやっていく」とした。


 谷垣幹事長は「都議会は都知事を支えていかなければならないので、そこがどういう考え方を持っているのか十分踏まえる必要がある」と都議会自民党の意向が一番大きく反映することになることをうかがわせた。谷垣幹事長は「都民がどう考えるのか、それにどう対応していくのか、少し時間を見て考えたい」とした。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2016年6月16日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「小池百合子」のニュース

次に読みたい関連記事「小池百合子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「石原慎太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「石原慎太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「馳浩」のニュース

次に読みたい関連記事「馳浩」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。