若手研究者を育成して、未来の日本に貢献する、企業の助成制度

若手研究者を育成して、未来の日本に貢献する、企業の助成制度

 深刻な少子高齢化社会に直面している日本にとって、人口増加対策が急務であることは間違いない。しかし残念ながら、一旦減少したものを回復、増加させるためには、たとえ政府の打ち出す少子化対策が成功したとしても、長い年月がかかってしまうだろう。


 少子高齢化は福祉の面だけでなく、日本経済全体に大きな打撃を与えてしまう。一年二年ならともかく、このまま何年にもわたって人口減少が続いてしまうと、国家が疲弊してしまうだろう。これを防ぐためには、若い優秀な人材を育成し、世界に通用する少数精鋭の社会を目指すのも一つの有効な手段であり、大きな意味での少子化対策といえるのではないだろうか。


 世界的に有名なノーベル賞の受賞者は、20歳代30歳代の時期に、受賞対象となった発見や発明の着想の原点を見出していることが多いという。おそらく、若手と呼ばれる間のチャレンジ精神や、既存の枠に捉われない自由な発想、思考の柔軟性がのちの成果につながっているのだろう。もちろんノーベル賞だけが成果ではないが、優れた若手研究者を育成することは今後の日本の社会や経済の発展には不可欠であるとともに、これまでになかった多くの可能性や飛躍も期待できるのではないだろうか。


 政府も若手研究者への支援を拡大していく政策を積極的に推進しているが、それだけでは限界がある。若手育成のためには、大学や一般企業の支援や助成など、産官学の協同が必要不可欠だ。また、20代30代だけでなく、40歳代の中堅研究者がもっとも助成金などを必要としているという指摘もある。これらをすべてカバーするためにはとくに、企業の力なくしては成り立たない。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。