中高生が開発者に? IoTがどんどん身近になっている

中高生が開発者に? IoTがどんどん身近になっている
拡大する(全1枚)

近年、IT、ビジネス業界における大きなキーワードとして注目されている「モノのインターネット」ことIoT(Internet of Things)。IT専門調査会社IDCによると、2014年に約6500億ドルだった世界のIoT市場規模は、2020年には倍以上の1.7兆ドル規模にまで成長すると予測している。そんな中、企業だけでなく個人や学校教育の場などでもIoTデバイスの製作に取り組む動きが増えてきているようだ。


2016年9月14日、日本IBMは、千葉大学教育学部、静岡大学教育学部を基盤として活動するNPO法人の企業教育研究会と共同で、IoTを題材とした中高生向け授業プログラム「キミのアイディアで社会が変わる!?あらゆるモノが インターネットにつながる、IoTって? 」を開発し、公立学校向けに提供すると発表した。同プログラムでは、冒頭で少女のキャラクター「アイコ」を使った映像をプロジェクターに映してナビゲートするなど、基礎知識がない中学生や高校生もIoTに興味を持ちやすいように工夫が凝らされている。しかも、内容の説明だけでなく、アイコが生徒の呼びかけに反応したりすることで知らず知らずのうちにIoTを体験することができるという。


また、ソフトウェア会社のオラクルも、同社のクラウド開発者向けユーザーコミュニティ「Oracle Cloud Developers」において、データベースアプリケーション開発ツールOracle APEX(Oracle Application Express)を使用して、Raspberry Pi (ラズベリーパイ)を使ったIoTデバイスで土壌の湿度を監視し、グラフ化するシステムを試作するハンズオン展示を8月に開催している。土壌湿度センサー搭載のIoTデバイスを通し、LINEを介して畑とリアルタイムに会話を試みるなど、実用的かつユニークなデモで話題を呼んだ。


当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月1日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。