新興国で絶大な人気。日本製のオートバイが選ばれる理由は「整備士」にあった

新興国で絶大な人気。日本製のオートバイが選ばれる理由は「整備士」にあった

 2016年10月 5日、日本の二輪車業界に大きな衝撃が走った。1979年頃から1983年頃にかけて、業界では「HY戦争」ともいわれるほど、オートバイ市場において激しく覇権を争った、本田技研工業ヤマハ発動機が、日本国内の50cc原付スクーターや、電動二輪車を含めた原付一種領域での協業に向けた業務提携について検討を開始したと発表したのだ。


 かつてのライバルが手を組んだ背景には、国内の二輪車市場の縮小や、安全基準や排ガス規制の強化など二輪市場を取り巻く環境が厳しくなっていることなどが考えられるが、世界規模でみてみると、オートバイの需要は拡大傾向にある。とくにインド市場などの新興市場では日本メーカーは順調に売上げを伸ばしており、今後も急速な経済成長による、現地の慢性的な交通渋滞などを背景に需要の伸びが期待されている。またアフリカなどの未開拓市場への期待も高く、有望なマーケットと考えられており、将来的にここでどれだけ販売台数を伸ばしていけるかが、国内外の二輪車メーカー各社にとって、運命の分かれ道となりそうだ。


 インド以外にも、日本の二輪車メーカーはインドネシアやタイ、ブラジル、中国、パキスタンなどの新興国で絶大な人気を博しているが、その理由はやはり、自動車や電化製品などと同じく「品質と性能」にある。しかし、とくに安全性が求められるオートバイにおいて世界のファンが求めているのは、さらにその上の「信頼性」だ。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。